GANGANの使い方

FB8800をお使いのお客様へ重要なお知らせ

平成18年(2006年)以前にご購入頂き、お使いにならない期間半年を超えた後の再充電に際し、
充電表示灯(赤色、緑色)や残量計の表示が不安定な場合には、直ちに充電を止める為にコンセントを抜いて下さい。
再度の重ね充電は絶対にお止め下さい。

重大な事故になる事がございますので下記連絡先までお知らせ下さる様お願い申し上げます。

TEL: 03-5435-8801

FAX: 03-5435-8802
お電話によるお問合せは平日午前9:00~18:00とさせて頂いております。

Mail: kasai@g-tech.jp

リチウムイオンバッテリーGANGANの使い方

バッテリー残量計について(GT5)

バッテリー残量計
残量表示計は「CHECK」ボタンを押すと3秒間バッテリー残量をランプで表示する機能です。
これでバッテリーの状態を確認することができます。

バッテリー残量ゲージ

バッテリー残量ゲージの使い方は次の通りです。緑のランプのついている位置でバッテリー残量が分かります。
(ただし使用条件等によっては誤差が生じます。あらかじめご了承下さいますよう御願い申し上げます。)
バッテリー残量ゲージ
100%点灯
81~100
75%
61~80
50%点灯
41~60
25%
21~40
10%点灯
10~20

残量確認スイッチ(CHECK)を押すとランプが約3秒間点灯致します。
ショートさせてしまった場合はバッテリー本体と接続機器を一旦取り外し、しばらくしてから再度接続を致しますと復帰致します。

GT5の充電方法

リチウムイオンバッテリーのGANGAN GT5には専用充電器がセットされています。
専用充電器以外の充電器を使用された場合正しく充電されない事や、故障の原因になります。
必ず専用の充電器をご使用下さい。
なお、専用充電器以外で充電された場合の故障などは一切補償できませんのであらかじめ、ご了承下さい。

ゴムキャップを外します

1. GANGAN GT5のゴムキャップを外します

【注意】
充電前にゴムキャップ差込口の周りのほこりや、水分を取り除いて下さい

ゴムキャップは差込口への埃や小さなゴミ、湿気や水滴の侵入を防ぐためのものです。小さな部品なのでなくさないようご注意下さい。

コネクタを差します

2. 専用充電器のコネクタを差し込みます

コネクタはしっかりと差し込んで下さい。
また、濡れた手などで差し込むと感電の危険があります。必ず乾いた状態で差し込んで下さい。
コンセントに差し込みます

3. 専用充電器をコンセントに差し込みます

専用充電器をコンセントに差し込む時は、コンセントの周りに埃などがない事を確認した上で差し込んで下さい。
また、濡れた手などで差し込むと感電の危険があります。必ず乾いた状態で差し込んで下さい。
GT5が自動的に充電を開始します

4. GANGAN GT5が自動的に充電を開始します

LEDは赤色で始まります。残量表示計のCHECKボタンを押すと充電状況を確認出来ます。
満充電は緑ランプでご確認下さい。
GANGANはフローティング仕様ですので、充電しながらお使い頂けます。

充電中は、ランプが赤く点灯しています。充電が終了するとランプがになります。
充電が終わったら必ずゴムキャップを閉めて下さい。

FB1600の充電方法

リチウムイオンバッテリーのFB1600には専用充電器がセットされています。
専用充電器以外の充電器を使用された場合正しく充電されない事や、故障の原因にもなります。
必ず専用の充電器をご使用下さい。
なお、専用充電器以外で充電された場合の故障などは一切補償できませんのであらかじめ、ご了承下さい。

FB1600の充電方法
1. GANGAN FB1600のゴムキャップを外します。
2. 専用充電器のコネクタを差し込みます。
3. 専用充電器をプラグに差し込みます。
4. GANGAN FB1600が自動的に充電を開始します。

【注意】
充電前に差込口(図A)の周りのほこりや、水分を取り除いて下さい

充電中は、ランプの色が赤く点灯しています。充電が終了するとランプがになります。
充電中はランプの色が  → オレンジ → 黄緑 →  と変化します。
充電が終わったら必ずゴムキャップを閉めて下さい。

SWITCHCRAFT製コネクタの結合方法

USA SWITCHCRAFT

1. スイッチクラフト コードコネクタとコネクタの結合

スイッチクラフト社のコードコネクタの結合方法についてご説明致します。
キーにある溝を合わせます

2. ノッチ付きのキー溝を合わせる

最初にコネクタとコネクタの両方にある、ノッチ付きのキー溝を合わせます。
コードを押し込む

3. コードを押し込む

次に、コネクタをもう一方のコネクタの方に押し込みます。
結合リンクを押します

4. 結合リングを押します

複数のスロットの間で結合リング(赤枠部分)をしっかりつかんで他方のコネクタの方へ押し込みます。

※結合リングが押せない場合は、左右に少し回転させてみて下さい。この時無理に押し込まないで下さい。
コネクタ部分が破損する恐れがあります。

結合リングを回転させる

5. 結合リングを回転させる

結合リングを押し込んだら、時計周りに1/2ほど回転させます。
結合リングがロック用の突起に乗り上げるまで回転させて下さい。そこがロック位置です。
この手順に従わないとコネクタが正しい位置に固定されません。

※結合リングが回転できない場合は、一度コネクタを外し最初からやり直して下さい。この時無理に回転させないで下さい。
コネクタ部分が破損する恐れがあります。

完成

6. 完成

コネクタが正しい位置でロックされると、このような状態になります。